中高年の転職ガイド【ライバルの一歩先に行くために】

*

中高年の転職希望者が応募書類で悩む時

   

自己PRをどう書いたらいいのか?!

 職務経歴書の中に自己PRを書き込まない中高年の転職希望者がいますが、理由を聞いてみると「どう書いたらいいのか?」と困った顔をします。

 どうも中高年の転職希望者は自分の長所をアピールするのが苦手な人が多いです。企業には「履歴書」と「職務経歴書」のほかに「自己PR書」を求めるところもありますし、WEBレジュメなどでは必ず自分のPRをする欄があります。

「ヒューマンスキル」をアピールするのが目的

 自己PRとは何を書くのか?!というと、中高年ならヒューマンスキルにつきます。

 転職にかける抱負、仕事に対する意識の高さ、目標の設定と強固な意志、協調性や若い人と一緒に楽しく働くことができるコミュニケーション能力・・・こういった役職とは別の能力について採用担当に自分の魅力を知ってもらう必要があるのです。

恥ずかしがらないで自分の良さを書き込もう

 異業種に応募する場合などは、通常の応募書類とは別に自己PR文を1枚つけて、なぜ中高年の自分が未経験の仕事に応募しようという気持ちになったのか?!説明をする必要があるのですが、意欲的で誰とでも仲良く仕事ができる人材であることを強調するとよいでしょう。

【関連記事】
中高年の転職希望者の職務経歴書の書き方について
中高年の職務経歴書 見られるポイントとは?!

 - 応募書類

  関連記事

中高年の職務経歴書 見られるポイントとは?!

成長を記録する「時系列型」職務経歴書とは  職務経歴書には3つのスタイルがありま …

中高年の転職希望者の職務経歴書の書き方について

仕事に関する履歴を採用担当に説明するための書類  中高年の転職の場合、最も自分を …