中高年の転職ガイド【ライバルの一歩先に行くために】

*

中高年の転職希望者に求められる面接対策とは…?!

      2015/07/22

応募企業に関して誰よりも詳しくなる

 転職の面接とはお見合いのようなものですから、自社のことを何も知らないで受けにきた中高年の転職希望者を前にすると採用担当もあまり面白くありません。

 逆に素晴らしいキャリアの保持者でなくても、面接している企業について誰よりも詳しい人だとものすごく有能に見えるということはありますので、企業研究をしっかり行うとよいでしょう。

転職エージェントで模擬面接を受ける

 面接時の自分の改善ポイントなど自分では分らないものです。転職エージェントで担当キャリアコンサルタントに模擬面接を実施してもらって改善ポイントを指摘してもらうとよいでしょう。

 人事採用のプロが直接指導してくれるので、面接本番は自信を持って臨むことができますし、転職エージェントによっては採用の本音も教えてくれます。

経済記事を読む!

 採用担当はたまに時事系の質問をしてきます。「今朝のニュースでこういう話があったけど、わが社も関係あるけど、あなたはどう思う?」こういった質問に何も回答できないと、中高年の転職希望者としては立つ瀬がないというか少し恥ずかしいことです。

【関連記事】
中高年の転職希望者に求められる面接のマナー
中高年の転職希望者がやってしまいがちな失敗面接
中高年が転職面接で聞いておくべきこと

 - 面接

  関連記事

中高年の転職希望者がやってしまいがちな失敗面接

採用担当の話をさえぎる  中高年の転職希望者の中には、採用担当の話をさえぎって、 …

中高年の転職希望者に求められる面接のマナー

アイコンタクト  面接の採否は面接室に入室してから挨拶、着席までで50%以上決定 …

中高年が転職面接で聞いておくべきこと

入社後のミスマッチを避けるために  中高年が転職活動を行い、入社した会社でミスマ …