中高年の転職ガイド【ライバルの一歩先に行くために】

*

中高年の転職者が入社後に避けなければならない言動とは一体なに?

      2016/01/14

前の会社のことをペラペラ喋る

 中高年の転職者が、新しい会社で働き始めた瞬間、ついついやってしまいがちだけれども、社内の和や空気を乱すことなく平穏にこれまでの経験や能力を発揮したいと考えるのであれば避けなければならないことが幾つかあるので、それを紹介します。

 前の会社のことを過剰にペラペラと喋るのはNGです。まず、軽いと思われてしまいます。これは非常にマイナスの印象を与えやすいでしょう。新参者は新参者らしく、少し控え目でいることを心がけなければなりません。

 しかも、前の会社の批判や不満をぶちまけるような人は、信用してもらうこともできません。信用が得られなければ、転職先では肩身が狭い思いをすることになりますし、これまでの経験や能力を発揮することは困難となるでしょう。

人によってあからさまに態度を変える

 ある程度人生を経験すると、損得を考えるようになります。中高年層は特にそうしたことが上手くなりますが、転職した先では、せめて入社直後は全ての人とある程度の距離を保つように心がけましょう。

 これは、新しく同僚や上司となる人から離れるべきということではありません。人によって距離や態度を変えるのではなく、一定の距離感で接しましょうということ。苦手な人や年下の社員、自分よりも能力が劣ると判断した人に対して横柄な態度を取ったり、逆に上司や自分に利益をもたらす人にすり寄ったりなどをあからさまにすることは厳禁なのです。

知ったかぶりは非常に危険

 知ったかぶり厳禁。これも入社後の注意点として意識しておかなければならないこと。やはり中高年層に多い特徴と言えそうです。この年齢で知らないことがあると、それを恥と思う人が多いのでしょう。その気持ちはわからなくはありませんが、見栄を過剰に張る必要はありません。

 知ったかぶりをして、それが知ったかぶりだったことがバレれば、一気に信用と人望を失います。大人にとって、知識がないことよりも、知ったかぶりをすることの方が恥であると認識しておくべきです。

【関連記事】
中高年の転職希望者なら円満退職が必須!
中高年の転職希望者に必要な退社手続きとは…?!
中高年の転職希望者と退職挨拶とは
中高年の転職に伴う有給消化
初出勤までにしておくと、転職後メリットが得られそうなこと
中高年の転職者でも当たり前?会社を移れば試用期間があるものです

 - 退職・入社準備

  関連記事

中高年の転職希望者に必要な退社手続きとは…?!

退職日には笑顔でさようならを  退職日当日は自分の仕事環境を整理する必要がありま …

中高年の転職に伴う有給消化

有給消化に消極的な中高年  中高年が転職する理由は、多岐にわたります。  キャリ …

中高年の転職希望者なら円満退職が必須!

なぜ円満退職をする必要があるのか?!  “辞めたら縁が切れるのになぜ円満退職をす …

中高年の転職者でも当たり前?会社を移れば試用期間があるものです

会社が求める人材像と実際のギャップを計るための試用期間  若い人、且つ学生などの …

中高年の転職希望者と退職挨拶とは

人脈を作る努力はどこへ行っても大事!  退職の前にはお礼の挨拶状を出す準備を始め …

初出勤までにしておくと、転職後メリットが得られそうなこと

辞める会社での清算作業  転職ということは、辞める会社があるわけです。既に辞めて …