中高年の転職ガイド【ライバルの一歩先に行くために】

*

初出勤までにしておくと、転職後メリットが得られそうなこと

      2016/01/14

辞める会社での清算作業

 転職ということは、辞める会社があるわけです。既に辞めていればいいのでしょうが、もし転職先が決まってから辞めるというのであれば、初出勤までにはしっかりと清算しておかなければなりません。ここで躓くと、転職そのものが躓いてしまいかねないので要注意。特に、雇用契約をまだ結んでいない人は、辞める会社とのゴタゴタによって内定取り消しとなってしまうこともあるので、慎重且つ迅速に清算作業を行っておきましょう。

 もちろん、会社は辞めますが、その会社に勤めている全ての人と関係を断ち切る必要もありません。関係を残しておきたい人とはコミュニケーションを取っておく、これも初出勤までにしっかりと進めておきたいこととなるでしょう。

必要な予備知識を獲得

 何をするにも予備知識は必要。それが仕事となれば尚更で、転職する人は初出勤までに多くの予備知識を頭の中に入れておかなければなりません。

 転職企業のことをどれだけ知っているかで、入社後の働き方は大分変わってくるでしょう。初出勤までに多くの知識を取り込むことが出来ていれば、入社初日の挨拶、そこからスタートする仕事の質、周囲からの評価、こういったものが段違いに良くなるのです。

 同時に、業界や自らが携わる職種についても予備知識を頭に入れておきたいところ。これらも全て仕事の効率や成果に関わることです。初出勤までのらりくらりと過ごすのではなく、時間の許す限り予備知識を入れる作業を行ってください。

関係各所への連絡

 辞める会社や転職する会社とは別に、例えば辞める会社で取引をしていた相手、前の会社で働いている時にお世話になった社外の人や出会った人、こうした会社や人たちへの連絡も、初出勤までにしておくべきでしょう。

 あなたが連絡しなければ転職した事実を知らないという人も大勢いると思います。人によっては手紙で、人によってはメールで、人によっては電話でと、上手く使い分けながら転職したことを伝え、それと同時に関係性を維持しておくことで、今後の仕事にも良い効果をもたらしてくれるかもしれません。

 自分に有利になる、メリットが生まれると思うようなことはとことんしておく、これを初出勤までに済ませておくと転職後も安心でしょう。

【関連記事】
中高年の転職希望者なら円満退職が必須!
中高年の転職希望者に必要な退社手続きとは…?!
中高年の転職希望者と退職挨拶とは
中高年の転職に伴う有給消化
中高年の転職者が入社後に避けなければならない言動とは一体なに?
中高年の転職者でも当たり前?会社を移れば試用期間があるものです

 - 退職・入社準備

  関連記事

中高年の転職者が入社後に避けなければならない言動とは一体なに?

前の会社のことをペラペラ喋る  中高年の転職者が、新しい会社で働き始めた瞬間、つ …

中高年の転職に伴う有給消化

有給消化に消極的な中高年  中高年が転職する理由は、多岐にわたります。  キャリ …

中高年の転職者でも当たり前?会社を移れば試用期間があるものです

会社が求める人材像と実際のギャップを計るための試用期間  若い人、且つ学生などの …

中高年の転職希望者に必要な退社手続きとは…?!

退職日には笑顔でさようならを  退職日当日は自分の仕事環境を整理する必要がありま …

中高年の転職希望者と退職挨拶とは

人脈を作る努力はどこへ行っても大事!  退職の前にはお礼の挨拶状を出す準備を始め …

中高年の転職希望者なら円満退職が必須!

なぜ円満退職をする必要があるのか?!  “辞めたら縁が切れるのになぜ円満退職をす …